書籍漫画「マンガでわかる すぐやる人とやれない人の習慣」


明日香出版社様発行「すぐやる人とやれない人の習慣」のコミック化「マンガでわかるすぐやる人とやれない人の習慣」の漫画を制作しました。
「高校教師と受験生のお話でコミック化を」というご依頼をいただき、キャラクター設定、シナリオ、コンテ、作画を担当。主人公の先生、生徒達それぞれが「すぐやれる人になるための習慣」を教わりながら成長していきます。
ご興味持たれましたらお手にとってくださいませ。
※表紙画像・内容の次に各章の漫画サンプルが始まります
 サンプルはキーとなる場面+背景多めの場面、という基準で選んでいます
※CLIP STUDIO EXで作画
明日香出版社様サイトから各書籍通販サイトにリンクがあります

マンガでわかるすぐやる人とやれない人表紙

ページ上へ

【主な内容】
[プロローグ]すぐやる人は結果も残す
・行動できる人だけがこれからの時代を生き抜ける
[第一章]すぐやる思考編
すぐやる人は明日を疑い、やれない人は明日を信じる
すぐやる人はHKTをうまく味方につけ、やれない人は追い込みすぎてしまう 他
[第二章]目標管理編
すぐやる人はbeとdoを意識し、やれない人は目標だけを追いかける
すぐやる人はライバルを応援し、やれない人は相手の失敗を喜ぶ 他
[第三章]スキルアップ編
すぐやる人は教わり上手、やれない人は頼り下手
すぐやる人は根拠なき自信を持ち、やれない人は自分を否定する 他
[第四章]自分を動かす編
すぐやる人は抵抗を歓迎し、やれない人は外野の声につぶされる
すぐやる人は言葉の力を信じ、やれない人は言葉をおろそかにする 他
[第五章]感情コントロール編
すぐやる人は感情をうまく吐き出し、やれない人は感情を溜め込む
すぐやる人は9000回の負けを知り、やれない人は全勝を目指す 他
[エピローグ]すぐやる人に道は開ける

ページ上へ


[プロローグ][第一章]
主人公は高校教師三年目の藤里先生。初めての三学年担任で校務や受験指導に戸惑う中、「すぐやれない人」だった彼女がラーメン屋の親父さんや先輩の先生から「すぐやる人」になるコツを教わり始めます。

プロローグ

 

一章

【内容】へ

ページ上へ

 

[第二章]
受験勉強に集中できない委員長の平北くん。集中する方法を藤里先生から教えてもらったが、原因は他にある様子。どの章でもよく動くラーメンおたくの先輩先生が活躍?

二章1

 

二章2

【内容】へ

ページ上へ

[第三章]
女優になる夢を親に反対されている松川さん、夢にむかって「すぐやる人」になれるよう応援する先生達。演技に憧れているのなら、SNSでの喧嘩や相談だけでなく人や物事にリアルに対峙する時もあるのでは、と。

三章2

 

三章3

【内容】へ

ページ上へ

[第四章]
先生達が気にかける、ちょっと問題児の垣坂くんが将来を考え始めるまで。二章で悩んでいた委員長が今度は「すぐやれる方法」を教えます。自分の未来や親子関係を変えたい時も「すぐやってみる」。

四章1

 

【内容】へ

ページ上へ

[第五章]
自分の殻に引きこもった岡さんが一歩前に踏み出す話。ここでご紹介する「すぐやる人になる」コツは、年齢に関わらず何かを諦めたくない人にも通じそうです。彼女が最終的に選んだ方向はエピローグにあります。

五章1

 

五章2

【内容】へ

ページ上へ

[エピローグ]
卒業式が終わり、春休み。全てがうまくいったわけではなく、心中複雑な藤里先生に先輩の先生達やラーメン屋の親父さんが話しかけます(親父さんの過去も判明)。

 

エピローグ1

 

エピローグ2

 

エピローグ3

【内容】へ

ページ上へ